コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非キリスト教化運動 ひキリストきょうかうんどうdéchristianisation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非キリスト教化運動
ひキリストきょうかうんどう
déchristianisation

フランス革命期に起ったキリスト教廃止運動。 1793年6月2日の革命でジロンド派が失脚すると,国民公会はこれと密接な協力関係にあった聖職者たち,さらにはキリスト教一般を革命の敵とみるようになり,特にエベール派によって非キリスト教化運動が推進された。同年 11月 10日ノートル=ダム大聖堂における「理性の祭典」を頂点として 94年1月末まで続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

非キリスト教化運動の関連キーワードエベール(Jacquesマレシャル恐怖政治寛容派

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android