理性の祭典(読み)りせいのさいてん(英語表記)Culte de la Raison

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

理性の祭典
りせいのさいてん
Culte de la Raison

フランス革命期の 1793年 11月 10日に行われた革命的祭式。同年9月以来進行した非キリスト教化運動は,10月5日革命暦 (共和暦) の採用を決定し,次いで,J.エベール,ショメットら極左派を中心として,この祭典が企画された。パリのノートル=ダム大聖堂内に山がつくられ,その頂上に哲学の神殿,真理のたいまつを配して理性の女神が舞う祭典が行われたのち,国民公会への示威が加えられた。それはカトリック攻撃と同時に M.ロベスピエール攻撃を意味し,サン=キュロット運動の一頂点でもあった。これに対処したロベスピエールは,その無神論的傾向を批判し,祭典を廃して,それに代る「最高存在の祭典」 Culte de la l'Être suprêmeを行なった (1794.6.8.) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android