コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理性の祭典 りせいのさいてんCulte de la Raison

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

理性の祭典
りせいのさいてん
Culte de la Raison

フランス革命期の 1793年 11月 10日に行われた革命的祭式。同年9月以来進行した非キリスト教化運動は,10月5日革命暦 (共和暦) の採用を決定し,次いで,J.エベール,ショメットら極左派を中心として,この祭典が企画された。パリのノートル=ダム大聖堂内に山がつくられ,その頂上に哲学の神殿,真理のたいまつを配して理性の女神が舞う祭典が行われたのち,国民公会への示威が加えられた。それはカトリック攻撃と同時に M.ロベスピエール攻撃を意味し,サン=キュロット運動の一頂点でもあった。これに対処したロベスピエールは,その無神論的傾向を批判し,祭典を廃して,それに代る「最高存在の祭典」 Culte de la l'Être suprêmeを行なった (1794.6.8.) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

理性の祭典の関連キーワードエベール(Jacquesフランス革命史(年表)理性の崇拝

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android