非ノイマン型計算機(読み)ヒノイマンガタケイサンキ

百科事典マイペディアの解説

非ノイマン型計算機【ひノイマンがたけいさんき】

ノイマン型計算機の特徴であるプログラム内蔵方式,逐次制御方式,線形記憶方式等を一部否定した計算機システム。高水準言語に向いた計算機で,タグ付きデータ(タグで固定小数点浮動小数点区別単精度倍精度の区別などを表す)による処理の効率化,ディスクリプター(記述子)による間接指定,連想記憶や論理記憶の活用,並列制御やデータフロー制御による処理の高速化等を特徴としている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android