非常食(読み)ヒジョウショク

  • ひじょうしょく ヒジャウ‥
  • ひじょうしょく〔ヒジヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 災害などの非常事態にそなえて保存しておく食べ物。
※鉛の卵(1957)〈安部公房〉五「箱の中に非常食二日分」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の非常食の言及

【携帯食糧】より

…材料の入手や調理が困難で,しかも,その状況が長期にわたる場合も多いので,携行に便なように重量,容積が小さく,貯蔵保存性が大きく,できるだけ調理の必要が少なく,かつ,カロリー,栄養分の豊富なことが要求される。貯蔵保存性の点で,古くから備蓄用の食料とされたものも多く,調理の省略化をめざす面では,いわゆる非常食や宇宙食とも密接な関連をもつ。 日本では古くから焼米や乾飯(ほしいい)(糒(ほしい))が用いられた。…

【食品】より

…副食は,タンパク質,ビタミン,ミネラルの供給源として重要である。
[用途による分類]
 日常食,携帯食,非常食,備荒食に分けられる。携帯食(携帯食糧)は,水分を除いて軽量化したものと,調理を要せずすぐ食べられるものに分けられる。…

※「非常食」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非常食の関連情報