非常事態(読み)ひじょうじたい(英語表記)state of emergency

世界大百科事典 第2版「非常事態」の解説

ひじょうじたい【非常事態 state of emergency】

戦争,事変,革命,内乱およびそれらに伴う経済的混乱,または大規模な災害などにより通常の社会秩序が重大な危機に直面した状態をいう。この状態の下では公式の情報体系(マスコミなど)が機能不全を起こすため,人々は周囲の環境や状況を的確に把握できず,社会的パニックに陥りやすくなる。そして不安な社会状況から逃れようとする個々人の行為の累積の結果,しばしば流言蜚語(りゆうげんひご)が発生する。この状況が高進すると自己の不満をスケープゴートに転嫁させたり,孤独から逃避するために外在的な権威への献身によってアイデンティティを確保しようとする傾向が生じやすくなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の非常事態の言及

【緊急事態】より

…一般的には,戦争,内乱,天災地変等の事態が,通常の統治体制ではそれに対処できないと考えられる場合をさし,非常事態ともいう。このような事態に対処するための特別の権力を,国家緊急権と呼ぶ。…

※「非常事態」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android