コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非政治的人間の考察 ひせいじてきにんげんのこうさつBetrachtungen eines Unpolitischen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非政治的人間の考察
ひせいじてきにんげんのこうさつ
Betrachtungen eines Unpolitischen

ドイツの作家トーマス・マンの評論集。 1918年刊。第1次世界大戦を歓迎したマンは,兄ハインリヒとの論争を引起し,兄が擁護する西欧デモクラシーに対してドイツの本質と伝統を対置する。ショーペンハウアーワーグナーニーチェの系譜とドイツ・ロマン派の流れを検証,音楽的精神のなかにドイツ文化をみる彼は,デモクラシーを軽薄な文明の産物と断じた。国内保守派を力づけた一書だが,のち作者自身この論集に不満をいだき,一部を訂正した。マンの文化観,芸術観を知るのに重要な作品である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

非政治的人間の考察の関連キーワードマン(Thomas Mann、小説家)