非A非B型肝炎(読み)ひエーひビーがたかんえん(英語表記)non-A, non-B hepatitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非A非B型肝炎
ひエーひビーがたかんえん
non-A, non-B hepatitis

ウイルスが介する肝炎のうち,A型およびB型ウイルスでないウイルスで引き起こされる肝炎をいう。非A非B型肝炎には,経口感染型と血液を介して感染する型がある。前者は抗体ができにくく,発展途上国の成人に多発しているが,症状および予防法はほぼA型と同じである。後者の代表は輸血後に発病するもので,輸血後肝炎の約 90%を占めている。非A非B型ウイルスには,いくつかの種類があることが予想されているが,1989年,その一つであるC型ウイルスが同定され,検査薬も完成している。日本人の非A非B型肝炎の4分の3がこのC型であり,アルコール性肝癌の発症にも,このC型ウイルスが関与していることがわかっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非A非B型肝炎の関連情報