コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓国人人質事件(アフガニスタン) かんこくじんひとじちじけん/あふがにすたんかんこくじんひとじちじけん

知恵蔵の解説

韓国人人質事件(アフガニスタン)

アフガニスタン東部のガズニ州で2007年7月19日、韓国人一行が乗ったバスが武装集団に襲われ、23人が拉致された。武装集団は反政府勢力のタリバーンで、犯行声明を出し、刑務所などに収監されているタリバーンのメンバーを人質と同人数釈放するよう求めた。アフガンに展開中の韓国軍の即時撤退も要求し、「応じなければ、人質を殺害する」と予告した。韓国側は政府が乗り出し、交渉を進めたが、タリバーン側は男性の人質2人を殺害し、揺さぶりをかけた。結局、発生から6週間後の8月30日、残る人質全員が解放された。この交渉で韓国側は、計200万ドルの身代金を払ったとされる。拉致された韓国人はキリスト教系の団体に所属し、アフガンに医療支援などのボランティアに来ていた。アフガンでは外国人などの拉致事件が頻発している。07年3月にはイタリア人記者らの拉致事件が起き、カルザイ大統領は解放と引き換えに収監中のタリバーンのメンバー5人を釈放した経緯があった。

(竹内幸史 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

韓国人人質事件(アフガニスタン)の関連キーワードアゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧イエメン共和国の要覧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android