コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解放 かいほう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

解放

あるプログラムが確保していたメモリー領域を他のプログラムでも使えるようにすること。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐ほう〔‐ハウ〕【解放】

[名](スル)束縛(そくばく)されたり、制限されたりしているものを、ときはなして自由にすること。「貧困から解放される」「解放感」
[補説]書名別項。→解放

かいほう【解放】[書名]

総合雑誌。大正8年(1919)創刊大正デモクラシーの流れにのって、社会主義的傾向を示した。大正12年(1923)終刊。1年後に再刊されたが、昭和8年(1933)ころ廃刊。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいほう【解放】

大正・昭和期の雑誌。(1)第1次 吉野作造,福田徳三らの黎明会同人を中心として,デモクラシー思想の普及のために1919年(大正8)6月大鐙閣から発行された総合雑誌創刊号の定価38銭。20年6月号から麻生久山名義鶴らが結成した解放社によって編集された。創刊号に〈宣言〉をかかげるなど,他の総合雑誌とは性格を異にし,労働問題,社会問題がとくに重視され,社会主義思想の影響を強く受けた。黎明会,新人会の会員が執筆したほか,荒畑寒村堺利彦山川均,山川菊栄などの社会主義者も毎号のように登場している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいほう【解放】

( 名 ) スル
からだや心の束縛や制限を取り除いて自由にすること。 「子育てから-される」 「奴隷-」 〔同音語の「開放」は制限したりせずに自由な出入りを許すこと、また、扉や窓などを開け放つことであるが、それに対して「解放」は心身の束縛を解いて自由にすることをいう〕

かいほう【解放】

総合雑誌。1919年(大正8)創刊、23年廃刊。大正デモクラシー思潮の中で生まれた社会主義的傾向の雑誌。25年山崎今朝弥により再刊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

解放
かいほう

第一次世界大戦直後のデモクラシー思潮を背景として創刊された総合雑誌の一つ。1919年(大正8)5月、大鐙閣(だいとうかく)から創刊。23年9月に終刊。総合雑誌として『改造』や『中央公論』よりも社会主義的で、吉野作造(さくぞう)や黎明(れいめい)会の福田徳三、東大新人会の赤松克麿(かつまろ)を中心として、佐野学(まなぶ)、堺利彦(さかいとしひこ)、石川三四郎らが登場。マルクス主義者とアナキストの呉越同舟である。創作欄は、小川未明(みめい)、宇野浩二、宮地嘉六(みやちかろく)らの初期プロレタリア文学系の創作・評論が主流。24年5月に再刊された第二次『解放』は、山崎今朝弥(けさや)、石川らによって編集されたが、第一次よりも急進的で、プロレタリア文学の舞台となり、葉山嘉樹(よしき)や平林たい子らが活躍した。第二次の廃刊時期は不明だが、32~33年(昭和7~8)ごろとされる。[松浦総三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

解放の関連キーワードジョシュア(・ムカブコ・ニョンゴロ) エンコモジャン・ベルトラン アリスティドストークリー カーマイケルゲイ・レズビアン解放運動サム・ダニエル ヌジョマアミーリア ブルーマーヌダバニンギ師 シトレ国民統一の日〈ロシア〉フフィア・カニニア法ジョナス サヴィンビイタリア解放記念日オリヴァー タンボエマンシペーションオランダ解放記念日ネルソン マンデラ被差別部落解放運動ジョブターミネータA.A. アリファチェコ解放記念日ウォンウィチット

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

解放の関連情報