コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓帒 からふくろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

韓帒 からふくろ

記・紀にみえる豪族。
近江(おうみ)の狭狭城山(佐佐貴山)(ささきのやま)氏の祖。近江の蚊屋野(かやの)には猪や鹿がおおいと進言したことが,大泊瀬(おおはつせの)皇子(雄略天皇)による市辺押磐(いちのべのおしはの)皇子の謀殺に利用される。のち押磐皇子の子弘計(おけ)王(顕宗(けんぞう)天皇)が即位すると,死はまぬかれたが,官籍をうばわれ,陵戸(りょうこ)におとされたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

韓帒の関連キーワード狭狭城山韓帒近江

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android