コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓智興 かん ちこう

2件 の用語解説(韓智興の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

韓智興 かん-ちこう

?-? 飛鳥時代の官吏。
白雉(はくち)4年(653)遣唐使として吉士長丹(きしの-ながに)らと唐(中国)にわたる。斉明天皇5年入唐した遣唐使一行を,その従者西漢大麻呂(かわちのあやの-おおまろ)が唐朝に讒言(ざんげん)したことに関連し,智興も流罪となる。のちゆるされたらしく,天智天皇7年(668)に帰国したといわれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

韓智興

生年:生没年不詳
7世紀後半の遣唐使人。白雉4(653)年5月,吉士長丹らと唐にわたり,斉明7(661)年5月に帰国した。『日本書紀』に「倭種」と記され,混血児説,渡来人説などがあるが,わかっていない。遣唐使としての身分,地位も明らかでない。斉明5年12月,同年渡唐した遣唐使一行を陥れるために,智興の従者西漢大麻呂が告げ口し,これに関連して智興も流罪となったが,許されたらしい。同7年帰国の途中,その従者東漢草直足嶋が落雷で死亡し,一行の怨みが天に通じたといわれたという。白雉5年にいったん帰国,再度渡唐したとする説もある。<参考文献>北村文治『大化改新の基礎的研究』

(東野治之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

韓智興の関連キーワード安達遣唐船掃守小麻呂吉士駒巨勢薬坂合部石積坂合部大分高田根麻呂東漢草足嶋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone