コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓智興 かん ちこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

韓智興 かん-ちこう

?-? 飛鳥時代の官吏。
白雉(はくち)4年(653)遣唐使として吉士長丹(きしの-ながに)らと唐(中国)にわたる。斉明天皇5年入唐した遣唐使一行を,その従者西漢大麻呂(かわちのあやの-おおまろ)が唐朝讒言(ざんげん)したことに関連し,智興も流罪となる。のちゆるされたらしく,天智天皇7年(668)に帰国したといわれる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

韓智興

生年:生没年不詳
7世紀後半の遣唐使人。白雉4(653)年5月,吉士長丹らと唐にわたり,斉明7(661)年5月に帰国した。『日本書紀』に「倭種」と記され,混血児説,渡来人説などがあるが,わかっていない。遣唐使としての身分,地位も明らかでない。斉明5年12月,同年渡唐した遣唐使一行を陥れるために,智興の従者西漢大麻呂が告げ口し,これに関連して智興も流罪となったが,許されたらしい。同7年帰国の途中,その従者東漢草直足嶋が落雷で死亡し,一行の怨みが天に通じたといわれたという。白雉5年にいったん帰国,再度渡唐したとする説もある。<参考文献>北村文治『大化改新の基礎的研究』

(東野治之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

韓智興の関連キーワード東漢草足嶋飛鳥時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android