吉士長丹(読み)きしの ながに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉士長丹 きしの-ながに

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
白雉(はくち)4年(653)遣(けんとう)大使として唐(中国)におもむく。翌年おおくの文物をたずさえて,百済(くだら)(朝鮮),新羅(しらぎ)(朝鮮)の送使とともに帰国。朝廷より封戸200戸と(くれ)の氏をあたえられた。名は「ちょうたん」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

吉士長丹

生年:生没年不詳
白雉4(653)年に派遣された遣唐使の大使。このときの位は小山上で,副使吉士駒,同行の留学僧には,道昭,定恵(中臣鎌足の子)らがいた。翌年7月,百済,新羅の送使と共に帰国したが,このときは西海使と『日本書紀』に記されている。同月,唐の皇帝(高宗)に会見して多くの書物と宝物とを得たことを賞して,小花下の位を授けられるとともに封戸200戸と呉氏の姓をも与えられた。

(清田善樹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android