コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白雉 ハクチ

5件 の用語解説(白雉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はく‐ち【白×雉】

白色のキジ。

はくち【白雉】[年号]

飛鳥(あすか)時代、孝徳天皇の時の年号。650年2月15日~655年1月?。びゃくち。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はくち【白雉】

白色の雉きじ。瑞祥とする。

はくち【白雉】

年号(650.2.15~654.10.?)。大化の後。孝徳天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

はくち【白雉】

日本の元号(年号)。飛鳥時代の650年から654年まで、孝徳(こうとく)天皇の代の元号。前元号は大化(たいか)。次元号は朱鳥(しゅちょう)。650年(大化6)2月15日改元。穴戸(あなと)(長門)国(山口県)の国司・草壁醜経(くさかべしこぶ)から白雉(しろきぎす)(白いキジ)が献上されたことを瑞祥として改元が行われたとされる(祥瑞改元)。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。652年(白雉3)、新宮の難波長柄豊碕宮(なにわのながらのとよさきのみや)(難波宮)が完成した。また、最初の班田収授(はんでんしゅうじゅ)が終わり、戸籍が作成された。653年(白雉4)から翌年にかけて2次にわたる遣唐使が派遣され、吉士長丹(きしのながに)や高向玄理(たかむこのくろまろ)らが唐に渡った。孝徳は654年(白雉5)に難波宮で崩御し、翌年に先帝の皇極(こうぎょく)天皇が重祚(ちょうそ)して、飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)で斉明(さいめい)天皇として即位した。斉明は新たな元号を定めなかったため、686年(朱鳥1)7月20日までの32年間、元号は断絶した。なお、白雉の元号の使用について疑問視する学説もある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の白雉の言及

【元号】より

…大化以前において法隆寺金堂の釈迦三尊像の光背の銘や《伊予国風土記》逸文の道後温泉の碑文などによって法興という年号のあったことが知られるが,これは公式に定められたという徴証がなく,逸年号もしくは広い意味で私年号というべきであろう。650年(大化6)白雉と改元されたが,654年(白雉5)孝徳天皇の没後年号はとだえ,天武天皇の末年に朱鳥の年号が定められたが,これもあとが続かず,701年(文武5)に至り,対馬から金が貢上されたのを機に大宝の年号が建てられた。この建元と同日に新たに制定された令(いわゆる大宝令)の一部が施行された。…

※「白雉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白雉の関連キーワード飛鳥時代飛鳥文化私年号年号白鳳時代逸年号雲斗大化和暦飛鳥京跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白雉の関連情報