讒言(読み)ざんげん

精選版 日本国語大辞典「讒言」の解説

ざん‐げん【讒言】

〘名〙 事実をまげ、いつわって人を悪く言うこと。また、そのことば。告げ口。中傷。ざん。讒口讒舌讒説。ぞうげん。
※後二条師通記‐寛治四年(1090)一〇月四日「有、承之、申便候由
※仮名草子・身の鏡(1659)中「頼朝に義経を讒言(ザンゲン)したるを」 〔経‐小雅・青蠅〕

ぞう‐げん ザウ‥【讒言】

〘名〙 「ざんげん(讒言)」の変化した語。
※枕(10C終)一八七「いささかもかの御ことにたがふ者をばつめたて、ざうげんし、あしけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「讒言」の解説

ざん‐げん【×讒言】

[名](スル)事実を曲げたり、ありもしない事柄を作り上げたりして、その人のことを目上の人に悪く言うこと。「讒言されて不遇の身となる」
[類語]密告裏切り内応内通気脈を通じる背信背徳背任変心寝返りおためごかし讒訴誣告告げ口垂れ込み言い付ける

ぞう‐げん〔ザウ‐〕【×讒言】

ざんげん(讒言)」の音変化。
「いかなる―などのありけるにかと」〈・柏木〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「讒言」の解説

【讒言】ざんげん

悪口。〔詩、小雅、水〕訛言(くわげん) (なん)ぞ之れを(とど)むる(な)き 我が友せよ 讒言其れ興らん

字通「讒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android