讒言(読み)ざんげん

精選版 日本国語大辞典の解説

ざん‐げん【讒言】

〘名〙 事実をまげ、いつわって人を悪く言うこと。また、そのことば。告げ口。中傷。ざん。讒口。讒舌。讒説。ぞうげん。
※後二条師通記‐寛治四年(1090)一〇月四日「有讒言、承之、申便候由
※仮名草子・身の鏡(1659)中「頼朝に義経を讒言(ザンゲン)したるを」 〔詩経‐小雅・青蠅〕

ぞう‐げん ザウ‥【讒言】

〘名〙 「ざんげん(讒言)」の変化した語。
※枕(10C終)一八七「いささかもかの御ことにたがふ者をばつめたて、ざうげんし、あしけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐げん〔ザウ‐〕【×讒言】

ざんげん(讒言)」の音変化。
「いかなる―などのありけるにかと」〈・柏木〉

ざん‐げん【×讒言】

[名](スル)事実を曲げたり、ありもしない事柄を作り上げたりして、その人のことを目上の人に悪く言うこと。「讒言されて不遇のとなる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android