コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

讒言 ザンゲン

デジタル大辞泉の解説

ざん‐げん【×讒言】

[名](スル)事実を曲げたり、ありもしない事柄を作り上げたりして、その人のことを目上の人に悪く言うこと。「讒言されて不遇のとなる」

ぞう‐げん〔ザウ‐〕【×讒言】

ざんげん(讒言)」の音変化。
「いかなる―などのありけるにかと」〈柏木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざんげん【讒言】

( 名 ) スル
他人を陥れようとして、事実をまげ、いつわって悪しざまに告げ口をすること。 「 -して失脚させる」 「 -にあう」

ぞうげん【讒言】

「ざんげん」の転。 「いかなる-などのありけるにか/源氏 柏木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

讒言の関連キーワード衆口金を鑠かす積毀骨を銷す蘇我石川麻呂安居院浄俊譖づ・讒づファイドライアーゴー浸潤の譖り河崎致高斯波高経鬼室福信山県虎清長屋王高仙芝俊徳丸告げ口周亜夫弱法師支へ口讒する

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android