音仮名(読み)オンガナ

大辞林 第三版の解説

おんがな【音仮名】

万葉仮名のうち、字の意味とは無関係にその漢字の音を日本語の音節に当てたもの。「山」を「也末」、「人」を「比登」と書く類。 → 訓仮名

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おん‐がな【音仮名】

〘名〙 万葉仮名で書く場合、なわち、日本語を漢字だで書表わすとき、その字の意味とは無関係に、その字の音を日本語の音節にあてはて用た漢字をいう。たとば「万葉集」では、「八万(やま=山)」「名草武類(なぐむる=慰むる)」の「万」「武」「類」など、漢字一字を日本語の一音節にあてる場合が多いが、「絶塔浪爾(たたふ浪に)」「散釣相(さにらふ)」の「塔」「散」のうに一字を二音節にあてた例も少数ある。⇔訓仮名

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の音仮名の言及

【万葉仮名】より

…古い例は,6世紀ころの金石文,つまり推古朝時代の造像銘記,墓誌銘などの固有名詞の表記に現れる。初めは漢字の字音を応用する音仮名,次いで定着した和訓を応用する訓仮名が生じた。しだいに固有名詞以外の場合にも用い,音仮名,訓仮名を1語について混用するようにもなった。…

※「音仮名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音仮名の関連情報