コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音位転換 おんいてんかんmetathesis

翻訳|metathesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音位転換
おんいてんかん
metathesis

音位転倒ともいう。1単語中の2つの音素が位置を交換する現象。偶発的なものは言いまちがいとか,滑稽な効果をねらう場合とかによくみられるが,なかには,それが固定して語形変化を引起す場合もある。たとえば,アラタシ→アタラシ,シタ+ツヅミ→シタヅツミ。中期英語 brid→近代英語 bird,ラテン語 parabola→スペイン語 palabraなどがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おんいてんかん【音位転換】

語の内部で子音が入れかわる現象。「あらたし」が「あたらし」となる類。音位転倒。音顚倒。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

音位転換の関連キーワードグラモン内部子音

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android