コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音響測定艦 おんきょうそくていかん surveillance towedarray sonar system

2件 の用語解説(音響測定艦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音響測定艦
おんきょうそくていかん
surveillance towedarray sonar system

海上自衛隊が平成元年度の防衛力整備計画で装備を決定した曳航ソナー搭載艦。1番艦の「ひびき」は 1991年1月 30日に就役した。潜水艦の探知手段としては,ほかに宗谷,津軽,対馬の各海峡に設置された固定ハイドロフォンがあるが,この音響測定艦は有事の際に固定ソナーの有効範囲外での探知に威力を発揮する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

音響測定艦

潜水艦の位置を探知するための艦船。サータス(SURTASS)と呼ばれる長さ約1500メートルの曳航(えいこう)式ソナーで潜水艦の発する音を探知し、音響データ衛星通信によって陸上施設に伝える。米海軍は潜水艦の高性能化に対応するため、自ら発した音波の反射を利用して目標を探知する低周波アクティブソナーを装備した艦への切り替えを進めている。海上自衛隊も音響測定艦を2隻保有している。

(2006-11-25 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音響測定艦の関連キーワード潜航艇潜水母艦対潜哨戒機防潜網補助艦艇ソノブイ方向探知器ラジオコンパス火器管制レーダー通峡阻止

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

音響測定艦の関連情報