探知(読み)たんち

精選版 日本国語大辞典「探知」の解説

たん‐ち【探知】

〘名〙 さぐりかぎつけること。様子をしらべだすこと。
※明六雑誌‐一〇号(1874)真為政者の説〈杉亨二〉「深く我機密を匿して反て彼の胸算を探知し」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「どうして此秘密を御探知になったんです」 〔韓非子‐難言〕

さぐり‐し・る【探知】

〘他ラ四〙 さぐって知る。外からはうかがえないことを追求して知る。
※重之集(1004頃)下「こゆるぎのいそのなのりぞなのらねどそこばかりをぞさぐりしりたる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「探知」の解説

【探知】たんち

さぐり知る。〔李衛公問対、上〕太宗曰く、高麗、數(しばしば)新羅す。(われ)はし(さと)すも、を奉ぜす。將(まさ)に之れを討たんとす、如何と。曰く、(高麗の軍務相)を探知するに、自ら兵を知るを恃(たの)む。故に命にへり。

字通「探」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android