威力(読み)イリョク

  • いりき ヰ‥
  • いりょく ヰ‥
  • いりょく〔ヰ〕

デジタル大辞泉の解説

他を押さえつけ服従させる、強い力や勢い。「砕氷船が威力を発揮する」「威力のあるパンチ」「金の威力
法律で、人の意思を制圧するに足る有形・無形の勢力をいう。威力業務妨害罪・競売入札妨害罪を構成する行為など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

相手を圧倒する強い力。非常にすばらしい性能・力。 新兵器の-を示す 金の-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 他を押えつけ服従させる、強い力や勢い。特に、神仏の力。いりょく。
※霊異記(810‐824)上「誠に知る、観音の威力、思議し難きことを」
※浄瑠璃・日本王代記(1674)五「かみのいりきにせめられ、五たいもぢゆうにはたらかねば」
〘名〙
① 他を押えつけ服従させる有形、無形の勢い、力。いりき。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「政府の法令を拒むものは威力を以て之を圧伏すべし」
※刑法(明治四〇年)(1907)二三四条「威力を用い人の業務を妨害したる者」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

威力の関連情報