威力(読み)いりょく

精選版 日本国語大辞典「威力」の解説

い‐りょく ヰ‥【威力】

〘名〙
① 他を押えつけ服従させる有形、無形の勢い、力。いりき。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「政府の法令を拒むものは力を以て之を圧伏すべし」
刑法(明治四〇年)(1907)二三四条「威力を用い人の業務を妨害したる者」

い‐りき ヰ‥【威力】

〘名〙 他を押えつけ服従させる、強い力や勢い。特に、神仏の力。いりょく。
※霊異記(810‐824)上「誠に知る、観音の威力、思議し難きことを」
浄瑠璃・日本王代記(1674)五「かみのいりきにせめられ、五たいもぢゆうにはたらかねば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「威力」の解説

い‐りょく〔ヰ‐〕【威力】

他を押さえつけ服従させる、強い力や勢い。「砕氷船威力を発揮する」「威力のあるパンチ」「金の威力
法律で、人の意思を制圧するに足る有形・無形の勢力をいう。威力業務妨害罪・競売入札妨害罪を構成する行為など。
[類語](1勢力権勢権力実権威勢勢い猛威暴威景気権威威厳威信威名いめい威望名望威光威風勢威ちから

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「威力」の解説

【威力】い(ゐ)りよく

人を伏する勢い。〔新語至徳〕皆輕しく師を用ひて、威力を(たっと)び、以て斯(ここ)に至る。

通「威」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android