威力(読み)いりょく

精選版 日本国語大辞典「威力」の解説

い‐りょく ヰ‥【威力】

〘名〙
① 他を押えつけ服従させる有形無形の勢い、力。いりき。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「政府の法令を拒むものは威力を以て之を圧伏すべし」
※刑法(明治四〇年)(1907)二三四条「威力を用い人の業務を妨害したる者」

い‐りき ヰ‥【威力】

〘名〙 他を押えつけ服従させる、強い力や勢い。特に、神仏の力。いりょく。
※霊異記(810‐824)上「誠に知る、観音の威力、思議し難きことを」
浄瑠璃・日本王代記(1674)五「かみのいりきにせめられ、五たいもぢゆうにはたらかねば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「威力」の解説

い‐りょく〔ヰ‐〕【威力】

他を押さえつけ服従させる、強い力や勢い。「砕氷船が威力を発揮する」「威力のあるパンチ」「金の威力
法律で、人の意思を制圧するに足る有形・無形の勢力をいう。威力業務妨害罪・競売入札妨害罪を構成する行為など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android