コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須藤出穂 すどう いずほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須藤出穂 すどう-いずほ

1923-1998 昭和後期-平成時代の脚本家。
大正12年3月29日生まれ。東大在学中にNHK専属ライター室にはいる。テレビ「バス通り裏」はホームドラマの傑作として評判をよんだ。時代劇に現代感覚をとりいれた「文吾捕物絵図」「天と地と」やドキュメンタリー「ルイズ・その絆は」などがある。平成10年7月10日死去。75歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

須藤出穂の関連キーワードきみはサヨナラ族かコロッケ町のぼくけんかえれじい風の中の子供満員御礼脚本家

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android