須藤 克三(読み)スドウ カツゾウ

  • 須藤 克三 (すとう かつぞう)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の児童文学者,教育者,農村文化運動指導者 元・宮城学院大学講師;元・山形新聞論説委員。



生年
明治39(1906)年10月30日

没年
昭和57(1982)年10月18日

出生地
山形県東置賜郡宮内(現・南陽市宮内)

学歴〔年〕
山形師範卒,日本大学高等師範部〔昭和6年〕卒

主な受賞名〔年〕
斎藤茂吉文化賞(第2回)〔昭和31年〕,久留島武彦文化賞〔昭和47年〕

経歴
小学校教師、「教材王国」編集者を務める。この間、「学芸会用学校劇珠玉集」や「らくがき教案簿」などを出版。昭和20年戦災に遇い帰郷、山形新聞論説委員、文化部長となる。26年山形県児童文化研究会、29年には山形童話の会を設立。戦後の山形の児童文化、農村文化運動などにたずさわり、無着成恭の「山びこ学校」の産婆役を果たした。かたわら代表作「出かせぎ村のゾロ」など社会性の強い童話を書いた。ほかに「村の社会教育」「農村青年の生き方」「村の青年団」「ふるさとに生きる」、歌集「流蔭」などの著書がある。47年久留島武彦文化賞受賞。日本児童文学者協会顧問、山形県芸術文化会議会長。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1906年10月30日
昭和時代の児童文学者;教育者。宮城学院大学講師;山形新聞論説委員
1982年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android