コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頚椎症性神経根症 けいついしょうせいしんけいこんしょう

1件 の用語解説(頚椎症性神経根症の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

頚椎症性神経根症

腕や手指に痺れ・痛みを生じる疾患。首の骨(頸椎)の変形により神経根が圧迫・刺激されて起こる。ほとんどが中年期以降に発症し、その多くが片側にのみ症状が出る。痛みは、軽いものから間断ない激痛まで様々で、痛みが強くて長引く場合には手術を行うこともある。治療は主に、消炎鎮痛薬やビタミンB12ビタミンEなどの投薬、頚椎牽引が行われ、数カ月から1年ほどで自然に治まっていくが、完治しなかったり再発したりすることもある。「THE BOOM」のボーカル宮沢和史皇后美智子陛下が罹患したことでも知られる。

(2014-4-3)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頚椎症性神経根症の関連キーワード業力歯痛生じる感覚障害第二ケーラー病肌に粟を生じる黄斑変性神経障害性疼痛代謝性疾患骨転移癌

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone