頚椎症性神経根症(読み)けいついしょうせいしんけいこんしょう

知恵蔵miniの解説

腕や手指に痺れ・痛みを生じる疾患(頸椎)の変形により神経根圧迫・刺激されて起こる。ほとんどが中年期以降に発症し、その多くが片側にのみ症状が出る。痛みは、軽いものから間断ない激痛まで様々で、痛みが強くて長引く場合には手術を行うこともある。治療は主に、消炎鎮痛薬やビタミンB12・ビタミンEなどの投薬、頚椎牽引が行われ、数カ月から1年ほどで自然に治まっていくが、完治しなかったり再発したりすることもある。「THE BOOM」のボーカル宮沢和史や皇后美智子陛下が罹患したことでも知られる。

(2014-4-3)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android