コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頤が落ちる オトガイガオチル

デジタル大辞泉の解説

頤(おとがい)が落・ちる

寒くて震え上がるさま。
「寒きこといとわりなく、頤など落ちぬべきを」〈・二九八〉
食べ物が非常にうまいことのたとえ。あごが落ちる。
「―・つるやうな」〈虎寛狂・附子
口数が多いことのたとえ。多弁である。
「舌の吊り緒、の落つる程、こっちからもしゃべる、あっちからもしゃべる」〈浄・栬狩剣本地〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとがいがおちる【頤が落ちる】

ほっぺたが落ちる 」に同じ。
非常に多弁である。
寒くてふるえる。 「寒きこといとわりなく、頤など落ちぬべきを/枕草子 298

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

頤が落ちるの関連キーワード枕草子