口数(読み)クチカズ

  • こうすう

デジタル大辞泉の解説

ものを言う回数。ことばかず。「口数の多い人」
食べ物を用意しなければならない人の数。「口数を減らす」
一口単位で集める寄付資金などの
人口の数。人数。
項目品物・申し込みなどの数。くちすう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

話をする回数。言葉かず。 すこし-が多すぎる -が少ない
食費のかかる人の数。 奉公に出して-を減らす
一口ひとくち単位になっている申込金・寄付金・出資金などの個数。
人口数。
項目や品物の数。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ことばの数。ものを言う数。
※歌舞伎・彩入御伽草(おつま八郎兵衛)(1808)小平次内の場「口数(クチカズ)云はずとぬし達二人を」
※郊外(1900)〈国木田独歩〉一「口数(クチカズ)の少い代りには」
② 人数。あたま数。
③ 事件や事柄の数。
④ 出資などで、額や単位をいう。件数。個数。
※有限会社法(1938)六条「各社員の出資の口数」
〘名〙
① 人口の数。人数。くちかず。
※南国記(1910)〈竹越与三郎〉一「今マレー人の口数を算ふるに八千五百四十七万と称せらるるも」 〔史記‐高祖本紀〕
② 寄附や出資などの分担の単位。
③ 項目や品物のかず。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口数の関連情報