口数(読み)クチカズ

デジタル大辞泉の解説

くち‐かず【口数】

ものを言う回数。ことばかず。「口数の多い人」
食べ物を用意しなければならない人の数。「口数を減らす」
一口単位で集める寄付資金などの

こう‐すう【口数】

人口の数。人数。
項目品物・申し込みなどの数。くちすう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くち‐かず【口数】

〘名〙
① ことばの数。ものを言う数。
※歌舞伎・彩入御伽草(おつま八郎兵衛)(1808)小平次内の場「口数(クチカズ)云はずとぬし達二人を」
※郊外(1900)〈国木田独歩〉一「口数(クチカズ)の少い代りには」
② 人数。あたま数。
③ 事件や事柄の数。
④ 出資などで、額や単位をいう。件数。個数。
※有限会社法(1938)六条「各社員の出資の口数」

こう‐すう【口数】

〘名〙
① 人口の数。人数。くちかず。
※南国記(1910)〈竹越与三郎〉一「今マレー人の口数を算ふるに八千五百四十七万と称せらるるも」 〔史記‐高祖本紀〕
② 寄附や出資などの分担の単位。
③ 項目や品物のかず。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報