コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭蓋骨癒合症 とうがいこつゆごうしょうcraniosynostosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭蓋骨癒合症
とうがいこつゆごうしょう
craniosynostosis

狭頭症ともいう。頭蓋骨の骨性癒合が出生前から進行し,早期に完成するため,発育途上にある脳組織を圧迫して,頭部の変形を起す先天異常。長頭短頭尖頭,舟状頭,斜頭三角頭蓋クルーゾン病などの種類がある。治療には,脳の発育が阻害されるまでの早期に,骨切除を行なったのち断端をプラスチックでおおって,脳の発育による容積増大への抵抗を解除するとともに,再癒合を防止するなどの方法がとられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

頭蓋骨癒合症の関連キーワード長頭症小頭症

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android