頷下の珠(読み)がんかのたま

精選版 日本国語大辞典「頷下の珠」の解説

がんか【頷下】 の 珠(たま)

(驪龍(りりょう)の頷(あご)の下にあるという珠玉。それを得るには龍の眠っているすきに危険を冒して探り採るという「荘子‐列禦冦」の故事「夫千金之珠、必在九重之淵而驪龍頷下」から) 手に入れがたい大事な宝をいう。頷珠。
※枯木稿(1574頃)遊魚動荷「錦鱗疑是化龍去、香露跳盤頷下珠」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android