珠玉(読み)シュギョク

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ぎょく【珠玉】

海から産する玉と、山から産する玉。真珠と宝石。たま。「金銀珠玉を飾る」
美しいもの、りっぱなもののたとえ。特に、詩文などのすぐれたものを賞していう。「珠玉の短編」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅぎょく【珠玉】

真珠と宝石。
美しいもの、すぐれたもの、尊いもののたとえ。特に芸術作品にいうことが多い。 「 -の短編」 「 -の小品」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐ぎょく【珠玉】

〘名〙
① 海から産する玉と、山から産する玉。真珠と玉。
※続日本紀‐天平八年(736)一一月丙戌「橘者果子之長上〈略〉与珠玉共競光」
※太平記(14C後)八「十二の欄干珠玉(シュギョク)天に擎(ささ)げ、五重の塔婆(たふば)金銀月を引く」 〔礼記‐曲礼〕
② 美しいもの、立派なものをほめたたえていう語。特に詩や文章などについていう。
※翰林五鳳集(1623)六一・虞伯生〈梅陽〉「珠玉遺篇輝近世、翰林風月鬢毿々」
※芥川文学の魅力(1954‐55)〈中村真一郎〉一「西欧の散文芸術の珠玉に触れた」 〔李白‐妾薄命〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

珠玉の関連情報