頽廃・退廃・頽敗(読み)たいはい

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐はい【頽廃・退廃・頽敗】

〘名〙
① くずれ荒れること。おとろえすたれること。廃頽。
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)平泉「七宝散うせて、珠の扉風にやぶれ、金の柱霜雪に朽ちて、既に頽廃空虚の叢と成べきを」 〔後漢書‐翟伝〕
② 道徳、気風などがくずれ、不健全になること。
※黴(1911)〈徳田秋声〉三五「頽廃した空気のなかに生立って来た笹村の頭には、家庭とか家族とか云ふやうな観念も自ら薄かった」 〔大学章句〕
[補注]「退廃」は「頽廃」の書き換え。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android