額束(読み)ガクヅカ

デジタル大辞泉の解説

がく‐づか【額束】

鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束。ここに多くは額を掲げる。額柱(がくばしら)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がくづか【額束】

鳥居の上部中央、島木と貫ぬきの間にある束。ここに額を掲げるのでいう。額柱がくばしら。 → 鳥居

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がく‐づか【額束】

〘名〙 鳥居島木(しまぎ)と貫(ぬき)との中央部に立つ束。その前に神社名などを記した額を掲げるところからいう。額柱(がくばしら)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android