コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

額面株 がくめんかぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

額面株

有価証券の券面に記載された金額のこと。金額の表示があるものを「額面株式」、株数の表示だけで金額の表示が無いものを「無額面株式」と呼ぶ。額面金額は、企業が最初に株券を発行した際の金額を表す。また2001年9月末以前までは、株式会社は「額面」『無額面」のいずれかを発行できたが、2001年10月1日に施行された商法改正(単元株制度の導入)以降は、額面株式は廃止となり、無額面株式に統一された。つまり国内企業が発行する株式はすべて無額面株式となった。新聞などの株式欄には額面ごとに記号表示されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がくめん‐かぶ【額面株】

会社の定款に一株の金額が定められており、株券額面金額の記載されている株式。平成13年(2001)に廃止され、すべての株式は無額面株となった。額面株式。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

額面株【がくめんかぶ】

無額面株式

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

がくめんかぶ【額面株】

定款に一株の金額についての定めがあり、株券に額面価格の記載されている株式。2001年(平成13)に廃止された。額面株式。 ↔ 無額面株

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

額面株の関連情報