顎を叩く(読み)あごをたたく

精選版 日本国語大辞典「顎を叩く」の解説

あご【顎】 を 叩(たた)

言う、話すをののしっていう。あごたを叩く。おとがいを叩く。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)六「頤(アゴ)たたかすな、しょびきおろせ」

あごた【顎】 を 叩(たた)

浄瑠璃大原御幸(1681‐84頃)五「をのれ心は猫に劣れども人のをかぶりしかひには、みごとあごたをたたくよなあ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android