コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顔氏家廟碑 がんしかびょうひYán shì jīa miào bēi

1件 の用語解説(顔氏家廟碑の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

がんしかびょうひ【顔氏家廟碑 Yán shì jīa miào bēi】

中国,唐の顔真卿の代表的な楷書作品。文も彼の手になる。780年(建中1),吏部尚書在任中に長安で書いた。父の惟貞のために廟をつくり,この碑を立てて顔家の履歴を詳しく述べているのであるが,彼の楷書の中でもっとも個性が強烈である。その方正な,エネルギーが内に凝結したような楷書は,実に堂々としていて,直接に迫ってくるものがある。碑は現在,西安碑林に保存されている。【外山 軍治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

顔氏家廟碑の関連情報