コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西安碑林 せいあんひりん

大辞林 第三版の解説

せいあんひりん【西安碑林】

中国、陝西せんせい省西安市の陝西省博物館(旧孔子廟)に保存されている一〇九五基の石碑。清の乾隆年間に、陝西巡撫の畢沅ひつげんが漢代唐代の諸石碑を捜索して陝西府の孔子廟に集めたもの。碑洞。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいあんひりん【西安碑林 Xī ān bēi lín】

中国,西安市の陝西省博物館内にある石刻の陳列所。もとは孔子をまつった文廟の後方にあったが,今日では文廟全体が博物館となり碑林も拡張されている。現位置に文廟が建てられたのは,唐末の天祐1年(904)に地方長官の韓建が戦乱のため荒廃した長安城を縮小再興したときで,同時に国子監(唐の国立大学)にあった開成石経(唐の開成2年(837)に完成した儒教経典の石刻)を保存する目的で作ったのが碑林だといわれる。しかし,韓建が文廟を建てたのは実は別の場所で,宋の元祐5年(1090)そこから現位置に移り,碑林も整備されたとする説が有力である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

西安碑林の関連キーワードシーアン(西安)特別市世界のおもな美術館顔氏家廟碑争坐位帖歴史地図

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android