コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕円 けんえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

顕円 けんえん

?-? 南北朝時代の僧。
真言宗。京都大覚寺の道我の法をつぐ。後醍醐(ごだいご)天皇の皇子護良(もりよし)親王(1308-35)に随従した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

顕円の関連キーワード南北朝時代真言宗

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android