コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道我 どうが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道我 どうが

1284-1343 鎌倉-南北朝時代の僧,歌人。
弘安(こうあん)7年生まれ。栄海の弟。権(ごんの)僧正,東寺二の長者となる。和歌を二条為世にまなび,二条派の歌人として知られる。後宇多上皇や吉田兼好らとの贈答歌のほか,「続(しょく)千載和歌集」などの勅撰集に10首ある。康永2=興国4年10月19日死去。60歳。家集に「権僧正道我集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道我の関連キーワードチャン・イーモウ二階堂行藤南北朝時代顕円弘安

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道我の関連情報