コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕微分光測光法 けんびぶんこうそっこうほう

1件 の用語解説(顕微分光測光法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

顕微分光測光法【けんびぶんこうそっこうほう】

光学顕微鏡を利用して,分光学的に微量物質の定性的定量的測定を行う方法。微小な試料に分光した特定の波長の光を細く絞って照射し,吸光度や吸収スペクトルを測定する。生物学では,細胞内の核酸や酵素の比較定量測定などに用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

顕微分光測光法の関連キーワード暗視野顕微鏡顕微鏡光学器械光学顕微鏡紫外線顕微鏡ゼルニケ偏光顕微鏡赤外線顕微鏡走査型近接場光学顕微鏡光学顕微鏡検査法

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone