コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕微分光測光法 けんびぶんこうそっこうほう

百科事典マイペディアの解説

顕微分光測光法【けんびぶんこうそっこうほう】

光学顕微鏡を利用して,分光学的に微量物質の定性的定量的測定を行う方法。微小な試料に分光した特定の波長の光を細く絞って照射し,吸光度吸収スペクトルを測定する。生物学では,細胞内の核酸酵素の比較定量測定などに用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

顕微分光測光法の関連キーワードカスペルソン光学顕微鏡

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android