風に付く(読み)カゼニツク

デジタル大辞泉の解説

風(かぜ)に付(つ)・く

(「付く」が四段活用の場合)風に乗る。
「琴(きん)の声―・きてはるかに聞こゆるに」〈・須磨〉
(「付く」が下二段活用の場合)風に託する。
「―・けて知らぬ国に吹き寄せられて」〈竹取

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かぜ【風】 に 付(つ)

① (「つく」が四段活用で) 吹く風に従う。風にのる。
※源氏(1001‐14頃)須磨「琴のこゑ、かぜにつきてはるかに聞こゆるに」
② (「つく」が下二段活用で) 風にまかせる。風にのせる。
※竹取(9C末‐10C初)「風につけて知らぬ国に吹き寄せられて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android