コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風優先のランディング  かぜゆうせんのランディング

パラグライダー用語辞典の解説

風優先のランディング 

パラグライダーはランディング(着地)の際、風の方向を確認してアゲンスト(向い風)に向かって行う。つまり、ランディングでは風向きが大切であるが、時として風向きを無視してでもその地形にあわせランディングする降り方がある。それが「地形優先のランディング」であり、その対語としてこの「風優先のランディング」と言う言葉が生まれた。例えば、地形優先でランディングするパイロットに対し、エリア管理者が「風優先のランディングを方がいいかも」と助言したりする。地形優先のランディング参照

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android