コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風優先のランディング  かぜゆうせんのランディング

パラグライダー用語辞典の解説

風優先のランディング 

パラグライダーはランディング(着地)の際、風の方向を確認してアゲンスト(向い風)に向かって行う。つまり、ランディングでは風向きが大切であるが、時として風向きを無視してでもその地形にあわせランディングする降り方がある。それが「地形優先のランディング」であり、その対語としてこの「風優先のランディング」と言う言葉が生まれた。例えば、地形優先でランディングするパイロットに対し、エリア管理者が「風優先のランディングを方がいいかも」と助言したりする。地形優先のランディング参照

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

風優先のランディング の関連キーワード地形優先のランディグ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android