風冴ゆ(読み)カゼサユ

デジタル大辞泉の解説

風(かぜ)冴(さ)・ゆ

風が、冷たくに染み通るように吹く。 冬》
「さざ浪や志賀の唐崎―・えて比良(ひら)の高嶺にあられ降るなり」〈新古今

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぜさゆ【風冴ゆ】

冬の風が吹いて寒さが一層増す。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かぜ【風】 冴(さ)

身にしみる冷たいが吹く。《・冬》
※新古今(1205)冬・六五六「さざ浪や志賀のから崎風寒(さえ)て比良の高嶺にあられ降るなり〈藤原忠通〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android