コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀 しか

8件 の用語解説(志賀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志賀
しか

福岡県北西部,福岡市東区の地区。旧町名。旧志賀町は志賀島および海ノ中道西半から成り,1953年町制,71年福岡市に編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

志賀
しが

滋賀県南西部,大津市北東部の旧町域。琵琶湖の西岸にある。 1955年和邇村,木戸村,小松村の3村が合体して町制施行。 2006年大津市に編入。比良山地とその東側に展開する複合扇状地からなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しか【志賀】

福岡市の志賀島(しかのしま)。[歌枕]
「―のあまの塩焼く煙かぜをいたみ立ちは上らで山にたなびく」〈新古今・雑中〉

しが【志賀】

滋賀県琵琶湖南西岸、現在の大津市一帯の古称。[歌枕]
「ささなみの―の唐崎幸(さき)くあれど大宮人の船待ちかねつ」〈・三〇〉

しが【志賀】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「志賀」姓の人物
志賀潔(しがきよし)
志賀重昂(しがしげたか)
志賀直哉(しがなおや)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しが【志賀】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志賀
しが

滋賀県南西部、滋賀郡にあった旧町名(志賀町(ちょう))。現在は大津(おおつ)市の北部を占める一地区。旧志賀町は1955年(昭和30)和邇(わに)、木戸、小松の3村が合併、町制を施行して成立。2006年(平成18)大津市に編入。旧町域の東部は琵琶(びわ)湖に面し、西の比良(ひら)山系との間に小規模な複合扇状地が広がる。湖岸をJR湖西(こせい)線、国道161号(西近江(おうみ)路)が走り、その西側を国道161号の志賀バイパス、湖西道路が通る。古代豪族和珥(わに)氏とその支族の小野氏、真野氏の根拠地で、南端の旧和邇村小野には小野篁(たかむら)神社、小野道風(とうふう)神社(ともに本殿は国の重要文化財)、遣隋使(けんずいし)小野妹子(いもこ)墓がある。湖岸は、比良山地から運ばれた花崗(かこう)岩の白砂と松林が続き、雄松崎(おまつざき)一帯は近江舞子(おうみまいこ)と称して観光客が多い。湖岸には松の浦、和邇浜など11か所の水泳場がある。また山麓(さんろく)は比良山系への登山口としてアルプスゴンドラやリフトが整備され、スキー場もつくられている。農林業や浅水漁業が行われ、1974年の湖西線の開通を契機に宅地化などの景観変容がおこっている。[高橋誠一]
『『志賀町史』全3巻(1996~2002・志賀町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志賀の関連キーワード滋賀滋賀県大津市稲葉台滋賀県大津市打出浜滋賀県大津市枝滋賀県大津市北大路滋賀県大津市北小松滋賀県大津市北比良滋賀県大津市黒津滋賀県大津市中央滋賀県大津市牧

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

志賀の関連情報