コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀 しか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志賀
しか

福岡県北西部,福岡市東区の地区。旧町名。旧志賀町志賀島および海ノ中道西半から成り,1953年町制,71年福岡市に編入

志賀
しが

滋賀県南西部,大津市北東部の旧町域。琵琶湖西岸にある。 1955年和邇村,木戸村,小松村の3村が合体して町制施行。 2006年大津市に編入。比良山地とその東側に展開する複合扇状地からなる。雄松崎 (近江舞子) ,青柳ヶ浜,松ノ浦など白砂青松湖岸は水泳場,キャンプ場,別荘地として開発され,比良山は登山客,スキー客でにぎわうなど京阪神地区の観光保養地の性格が強い。小野神社 (篁神社本殿,道風神社本殿は国指定重要文化財) がある。大部分が琵琶湖国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しか【志賀】

福岡市の志賀島(しかのしま)。[歌枕
「―のあまの塩焼く煙かぜをいたみ立ちは上らで山にたなびく」〈新古今・雑中〉

しが【志賀】

滋賀県琵琶湖南西岸、現在の大津市一帯の古称。[歌枕]
「ささなみの―の唐崎幸(さき)くあれど大宮人の船待ちかねつ」〈・三〇〉

しが【志賀】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「志賀」姓の人物
志賀潔(しがきよし)
志賀重昂(しがしげたか)
志賀直哉(しがなおや)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しが【志賀】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志賀
しが

滋賀県南西部、滋賀郡にあった旧町名(志賀町(ちょう))。現在は大津(おおつ)市の北部を占める一地区。旧志賀町は1955年(昭和30)和邇(わに)、木戸、小松の3村が合併、町制を施行して成立。2006年(平成18)大津市に編入。旧町域の東部は琵琶(びわ)湖に面し、西の比良(ひら)山系との間に小規模な複合扇状地が広がる。湖岸をJR湖西(こせい)線、国道161号(西近江(おうみ)路)が走り、その西側を国道161号の志賀バイパス、湖西道路が通る。古代豪族和珥(わに)氏とその支族の小野氏、真野氏の根拠地で、南端の旧和邇村小野には小野篁(たかむら)神社、小野道風(とうふう)神社(ともに本殿は国の重要文化財)、遣隋使(けんずいし)小野妹子(いもこ)墓がある。湖岸は、比良山地から運ばれた花崗(かこう)岩の白砂と松林が続き、雄松崎(おまつざき)一帯は近江舞子(おうみまいこ)と称して観光客が多い。湖岸には松の浦、和邇浜など11か所の水泳場がある。また山麓(さんろく)は比良山系への登山口としてアルプスゴンドラやリフトが整備され、スキー場もつくられている。農林業や浅水漁業が行われ、1974年の湖西線の開通を契機に宅地化などの景観変容がおこっている。[高橋誠一]
『『志賀町史』全3巻(1996~2002・志賀町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

志賀の関連キーワード石川県羽咋郡志賀町福浦港ミナト石川県羽咋郡志賀町二所宮極楽寺石川県羽咋郡志賀町富来地頭町石川県羽咋郡志賀町八幡座主石川県羽咋郡志賀町富来牛下石川県羽咋郡志賀町安津見新石川県羽咋郡志賀町富来高田石川県羽咋郡志賀町富来生神石川県羽咋郡志賀町梨谷小山石川県羽咋郡志賀町安部屋石川県羽咋郡志賀町東小室石川県羽咋郡志賀町安津見石川県羽咋郡志賀町若葉台石川県羽咋郡志賀町牛ケ首石川県羽咋郡志賀町豊後名石川県羽咋郡志賀町西山台石川県羽咋郡志賀町火打谷石川県羽咋郡志賀町二所宮石川県羽咋郡志賀町日下田石川県羽咋郡志賀町鵜野屋

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

志賀の関連情報