コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比良 ひら

2件 の用語解説(比良の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひら【比良】

歌枕。滋賀県滋賀郡志賀町と大津市堅田との境,琵琶湖の西岸にそって南北に連なる比良山地中の高峰群。主峰は武奈ヶ嶽(ぶながたけ)(1214m)。山容雄大で修験道の行場である。〈比良暮雪〉は近江八景の一つ。春先に吹きおろす強風を〈比良八荒〉とよんだ。《新古今集》巻二に宮内卿の〈花さそふ比良の山風ふきにけりこぎ行く舟の跡見ゆるまで〉がある。《万葉集》巻一に見える孝徳天皇の〈比良宮〉,巻三〈比良の湊〉はこのあたりである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比良
ひら

滋賀県中西部、大津市の一地区。現在、北比良、南比良の二集落がある。西に比良山地、東に琵琶(びわ)湖が開け、国道161号が通じ、JR湖西(こせい)線の比良駅がある。比良山の登山口として数多くの登山客が訪れる。古代には比良牧、中世には比良荘(しょう)が置かれ、湖岸は港として利用されてきた。歌枕(うたまくら)としても親しまれ、『万葉集』の「わが船は比良のみなとに……」(高市黒人(たけちのくろひと))などが著名。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

比良の関連情報