コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風配図 フウハイズ

デジタル大辞泉の解説

ふうはい‐ず〔‐ヅ〕【風配図】

ある地点のある期間についての風向の出現頻度を8~16方位に分けて示した図。普通はそれぞれの頻度の百分率を長さで図示し、その端を線で結ぶ。形がバラの花に似るのでウインドローズともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうはいず【風配図】

ある場所における一定期間の風向の頻度を八方位もしくは一六方位に分けて表し、同時に各風向の平均風速をも示したもの。形がバラの花びらに似ることからウインド-ローズともいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の風配図の言及

【方位】より

…いずれにしても北を上方とする方位観は,ルネサンス以降TOマップに代わってプトレマイオスの地図などが広く流布するにつれ,人々の間に定着していった。なお,ある地点から見て各方位はどの方角にあたるかを示す記号に,風配図wind roseと呼ばれるものがある。直訳すれば〈風の薔薇(ばら)〉の意で,幾層かの同心円と中心から放射される方位線とから成る。…

※「風配図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

風配図の関連キーワードウインドローズ八方位花びら

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android