飛丸(読み)ひがん

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐がん ‥グヮン【飛丸】

〘名〙 飛んでくる弾丸。飛び散る弾丸。
※漂荒紀事(1848‐50頃)六「飛丸四頭を殺し、数頭を傷す」 〔李尤‐平楽観賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の飛丸の言及

【品玉】より

…手玉や短刀などを空中に投げ上げて,これを巧みに受け止める曲芸の一種。中国古代の雑戯または百戯の一種で,〈弄玉〉〈飛丸〉〈跳剣〉などともいわれた。日本には散楽のなかの一曲として伝えられ,その姿は正倉院の弾弓の漆絵や《信西古楽図》などにみられる。…

※「飛丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android