コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛信 ヒシン

2件 の用語解説(飛信の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐しん【飛信】

急ぎの手紙。急信。
明治7年(1874)創設の公用速達便制度。各省・各府県など相互間で非常至急の書信を発するとき、継ぎ立てをして早く届くようにしたもの。大正6年(1917)廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひしん【飛信】

急ぎの手紙。飛札。
非常・至急の公用書信を継ぎ立てしながら逓送する制度。1874年(明治7)発足、1917年(大正6)廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛信の関連キーワード親書急ぎ急ぎ物隠し文急信私書鉤の手急書取急ぎ飛書

飛信の関連情報