コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音信 インシン

デジタル大辞泉の解説

いん‐しん【音信】

便り。通信。おんしん。
音信物(いんしんもの)」の略。
「―に、蛸(たこ)と辛螺(にし)と蛤蜊(はまぐり)と三いろを持たせやりたり」〈咄・醒睡笑・一〉

おん‐しん【音信】

手紙などによる連絡。便り。いんしん。「音信不通」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんしん【音信】

〔「いん」は漢音〕
おんしん(音信)」に同じ。 「 -が絶える」 「僕も東京へ移つてから一向-為ないが/青春 風葉
贈り物。進物。 「御-忝く存じ奉り候/芭蕉書簡」

おんしん【音信】

便り。おとずれ。 → いんしん(音信)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の音信の言及

【手紙】より

…手には,手習い(習字)のように,筆の跡,筆跡の意味もあり,また手みずからの意味を合わせて,手簡(しゆかん),手書(しゆしよ),あるいは真実吐露の意味,まこと,しるしをも示して,書信といい,ことさら私的内容を強調して私信ともいう。いずれも音信(おとずれ),たよりを意味し,故事より雅言として,鯉素(りそ),雁札(がんさつ)ともいう。また材料の帛(きれ)により尺素というが,尺は紙の大きさを示すことから,短い文,手紙を意味する。…

※「音信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

音信の関連キーワード南に翔り北に嚮えども寒温を秋雁に付け難し山口県長門市深川湯本長門湯本[温泉]節節・折折・切切湯本[温泉]それなりけり長門湯本温泉林家 大平鼬の道切りゆくりなく音無の滝音信不通言ひ通ふ花の便り鼬の道初便り絶する便り事音無川音沙汰

音信の関連情報