飛行計画書(読み)ひこうけいかくしょ

パラグライダー用語辞典の解説

飛行計画書

クロスカントリー飛行を行おうとする者が予め作成し、1部を発進地のエリア管理者に提出するもの。クロスカントリー飛行は、管理されたエリアを飛び出し、飛行し、着陸する事である。当然、そこは他の航空機と共有する空域であったり、他人の土地にランディングする事になり、予め「その飛行コースに問題はないか?」調査しておく必要がある。また、緊急時の対応に飛行コースが判っていれば迅速な対応も可能となり、管理されているエリアではこの飛行計画書の提出が義務付られている。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛行計画書の関連情報