提出(読み)ていしゅつ

精選版 日本国語大辞典の解説

てい‐しゅつ【提出】

〘名〙
① さげ持って、内のものを出すこと。もち出すこと。
※神道集(1358頃)二「台の内を提出し、大床より引落し」
② 問題・意見・証拠・資料・論文などをさし出して見せること。呈出。
※諷誡京わらんべ(1886)〈坪内逍遙〉五「ヤレ便利ソレ便利と、妄(みだり)に便利主義を提出しますが」
③ 議案を議会にさし出して審議を求めること。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「両議案を中央公会に提出して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てい‐しゅつ【提出】

[名](スル)書類・資料などを、ある場所、特に公(おおやけ)の場に差し出すこと。「議案の提出」「レポートを提出する」「辞表を提出する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android