コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛魚竹輪 あごちくわ

1件 の用語解説(飛魚竹輪の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

あごちくわ【飛魚竹輪】


鳥取・島根・兵庫の名産品で、飛び魚のすり身に塩を加えて練り、直径2~3cmの筒状に成形し焼いたもの。◇「あご」は中国・九州地方などで用いる飛び魚の呼称。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛魚竹輪の関連キーワード鹿猿名産物産展梅の日鹿児島黒牛・黒豚の日抹茶の日塩鰤山葵漬け兵庫県尼崎市武庫の里南長

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone