コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食事誘発性熱産生 ショクジユウハツセイネツサンセイ

デジタル大辞泉の解説

しょくじゆうはつせい‐ねつさんせい〔シヨクジイウハツセイ‐〕【食事誘発性熱産生】

摂食後に起こる代謝の活発化をいう。食物をとると、体内で栄養素が分解、一部が熱として消費され代謝量が増える。食事誘発性熱産生は1日の消費エネルギーの約1割とされる。DIT(diet induced thermogenesis)。→基礎代謝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android