養家(読み)ヨウカ

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐か ヤウ‥【養家】

〘名〙 養子縁組によってはいった養親の家。養子先の家。養方(ようかた)
※明良洪範(1688‐1704頃か)続「豆州の紋所は三蝶を扇子にかへ、開きたる扇を用ひらる、之は最初扇を開きしより立身有し故事を含み、養家の三つ蝶に准じ三つ扇を付られしにや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

養家の関連情報